白髪対策のシャンプー

白髪対策ってどうしたらいいの?

白髪頭

白髪頭

私もとうとう白髪が生えてしまった・・・。

30代・40代という年齢は、特に女性にとって白髪に悩まされる時期ですよね。

どんなに気を使っていたとしても、年齢と共に白髪は増え、またどんなにアレンジをしても白髪によって老けて見えてしまい、気持ちが落ち込んでしまう方も多いのではないでしょうか?

しかし白髪が生えてしまったからと言って諦める必要はありません!

白髪は正しくケアして改善していくことによって元の黒髪に戻すことができるのです。

白髪対策の主な方法としては白髪染めがありますが、カラーはあくまで外側のケアになりますので、白髪の根本原因の解決にはつながりません。

正しい白髪対策には髪の毛の内側のケアが重要ですので、白髪対策にはシャンプー等を利用して改善していく必要があります。

  • 白髪にならないためにはどうしたらいいか?
  • 白髪になってしまったらどう対策したらいいか?
  • 白髪対策におすすめのシャンプーはどれか?

当サイトはそんな女性の白髪に対する悩みを解決していくためのお役立ち情報をご提供していきます。

白髪対策で美しい黒髪を取り戻し、女性らしさと若々しさ、そして前向きで明るい毎日を取り戻しましょう!

白髪シャンプー スカルププロ公式ページへ

白髪になりやすい人はこんな人

  • 普段からストレスを抱え、蓄積してしまっている人
  • 慢性的な睡眠不足の人
  • 貧血気味な人
  • 喫煙者
  • 乳製品や肉類、貝類をあまり食べない人
  • 直射日光を浴びる機会が多い人

あなたは以上のような特徴に当てはまっていませんか?

このような方は改善次第で元の黒髪を取り戻す事が十分に可能です。

白髪の原因とは<白髪のメカニズム>

白髪対策を始めるにはまず白髪になる原因について知りましょう。

白髪対策のシャンプー等を利用する前に、以下のような原因の改善に取り組むことによって

十分に白髪対策につながります

白髪になる主な原因は・・・

年齢によるもの

人の細胞は老化によって活動が弱まり、黒髪を作るメラニン色素の生成活動も老化によって弱まっていきます。

老化による白髪は、黒髪を漂白化してしまう過酸化水素の蓄積や、成長ホルモンの分泌量が減少することによって起こることが大きな原因と言われています。

よってこれらの改善をすることによって高齢の方でも黒髪をキープすることは可能です。

ストレスによるもの

よく白髪の原因として耳にするのがこのストレスですね。

医学的にはストレスが溜まることによって髪を黒髪にするメラニンの生成活動が鈍り、黒髪が作られなくなって白髪になると言われています。

ストレスはノルアドレナリンを分泌させて血管を萎縮させてしまい、黒髪を生成するチロシンを送る働きやメラニンの生成活動に影響を与えます。

栄養不足によるもの

白髪につながる主な栄養不足の1つとして、黒髪を生成するメラニンの元となるチロシンの不足があります。

チロシンはアミノ酸の一種でチーズや大豆等の食事から摂取できますが、これが足りないと白髪が作られてしまいます。

また、肉や牛乳・チーズ等に多く含まれる「フェニルアラニン」、あさり・ハマグリやすじこに含まれる「ビタミンB12」、レバーやイカ・いくらに含まれる「銅」等が不足しているとメラニンの生成活動の不全につながってしまいます。

生活習慣によるもの

白髪につながる生活習慣の1つに紫外線による影響があります。

紫外線は色素幹細胞を壊し、強く浴びることで白髪が生成されてしまうのです。

だからこそ直射日光はなるべく避け、頭皮を守るために帽子などの対策が必要です。

また喫煙によってメラニンの活動を活性化するビタミンB12を壊したり、白髪の原因となる過酸化水素を分解するビタミンCも壊してしまいます。

睡眠不足も髪の毛の成長に悪影響を与える原因となりますので、22時?2時の時間は睡眠をとるようにしましょう。

貧血によるもの/妊娠・出産・閉経など

血が足りなくなることで栄養素が送られなくなり、白髪になりやすくなります。

不摂生やアンバランスな食生活の方や、激しい運動や過労で白髪が生えやすいのはこの貧血が原因です。

また女性の場合は妊娠や出産直後、閉経時に大量の血液が失われて栄養が送られなくなり、白髪につながっていきます。

遺伝によるもの

白髪の大きな原因の1つが遺伝とも言われています。

特に若白髪や子供の白髪というのはこの遺伝に起因する場合が多く、遺伝によって黒髪を生成するメラニン色素が髪に送られにくいといったことがあります。

新発想!科学的に白髪の原因を取り除いていくシャンプー


具体的な白髪対策

生活リズムの改善

白髪の予防対策はしっかりと睡眠をとることから始まります。

髪の毛は非常にデリケートな部分です。体の不調や精神不安はすぐに髪の毛に影響が出てきます。

睡眠は新陳代謝や血行の改善へとつながり、自律神経が安定しますので、これによって正常なメラニン生成の環境が整います。

また運動を習慣づけることによってストレスも解消でき、より白髪の予防対策に効果的です。

バランスの良い食生活

髪の毛の色はメラニン色素の配合量によって決まりますが、このメラニン色素を作るには多くの栄養が必要になってきます。
ヨード

昆布やワカメなどの海藻や、イワシ・カツオ・サバなどの魚介類を食べることで、ヨードという養分を効率良く摂取できます。

ヨードは髪の毛の細胞の成長を促進して健康な状態に保ち、メラニンの働きを活発化させます。

チロシン

主に乳製品やバナナ・リンゴ等の果物、カツオ・マグロ等の魚介類や大豆によってチロシンという養分を摂取できます。

チロシンはメラニンの原料ですので、これが不足することで白髪につながってしまいます。

また抗ストレス作用もありますので、白髪の予防対策には不可欠です。

豆類、ごぼう・にんにく等の野菜類、サツマイモ・玄米等の穀類、エビ・カニ等の魚介類やアンズ・プルーン等に銅は多く含まれます。

銅は黒髪の生成を活発化させる成分で、体内では生成できないので、チロシンと合わせて摂取することで大きな効果を発揮します。

ストレスを上手く解消する

ストレスは血行を悪くして髪に効率良く栄養が送られなくなるので、自分なりのストレス解消法を身につけて蓄積を防ぎましょう。

軽く運動をしたり、ドライブや旅行で気分転換をしたり、音楽を聴いたり歌ったりすることで、頭皮の緊張がほぐれて血行が良くなり、白髪の予防対策につながります。

頭皮のマッサージをする

ストレス解消の他にも、直接頭皮をマッサージすることで血行を促進すると効果があります。

ヘッドスパでプロの方にマッサージしてもらうか、自分の手でマッサージしてみましょう。

マッサージのコツ

1 両手の指の腹で頭皮にあてて圧迫し、指の位置をずらしながら頭皮全体を刺激します。

2 頭皮を軽く掴むようにして前後に動かしてみます。動きにくい部分は血行が悪くてコリがある部分なのでよくほぐしましょう。

白髪対策シャンプー「haru」を利用する

以上のような対策の他にも白髪対策シャンプーを使った方法もあります。

白髪対策シャンプー「haru」は、ビワ葉エキス・サクラ葉エキス・カミツレ葉エキス・オリーブ油・オレンジ果皮油・レモングラス油など、髪と頭皮に健康をもたらす全成分が自然由来のノンシリコンのシャンプーです。

発毛・育毛力が3倍!!

育毛剤に使われている有効成分「ミノキシジル」の3倍の効果があると言われる新成分「キャピキシル」を高濃度に配合!

女性ホルモンを活性化してくれる「リンゴ果実培養細胞エキス」や「サクラ葉エキス」さらにローズやカミツレなど8種の発毛育毛成分で太く強い髪にして、髪の栄養から白髪対策をします。

独自に処方した白髪ケアの成分配合

白髪対策には、主な要因であるメラノサイトの機能不全とミネラル不足をカバーする「ヘマチン」配合しました!原因の本質に直接アプローチしてケアとつややかな髪キープで徹底白髪対策!

頭皮が健康な状態に!

あまり気にしていなかった頭皮の不健康な状態も白髪の原因に。まずはこびりついたシリコン成分を洗い流し、アミノ酸系の洗浄成分で肌を傷めずすっきりと洗い流します。ハイビスカスなど6種の成分でなめらかな指通りに。継続的に使用して頭皮を健康な状態に回復させましょう。

新発想!科学的に白髪の原因を取り除いていくシャンプー

白髪シャンプー スカルププロ公式ページへ

外側のケア 「白髪染め」

白髪対策で真っ先に思い浮かぶのは外側のケアである「白髪染め」ではないでしょうか。

一概に「白髪染め」と言っても、

  • @「市販のヘアカラーで染める」
  • A「美容室で染める」

のような2種類の方法があります。

あくまで「白髪を染める」ことが外側のケアになるので、「白髪がなくなる」「白髪が生えなくなる」という訳ではありません。

ゆえに本格的な白髪対策は内側のケアを中心に考え、それまでの期間やケアしきれなかった白髪はこの白髪染めで白髪対策することをおすすめします。

「市販のヘアカラーで染める」メリット&デメリット

ドラッグストアで簡単に手に入れることができ、即日自宅で染めることができることから多くの方が利用している方法です。

安くて手軽という点が大きなメリットですが、市販のヘアカラーは髪の毛と頭皮に大きなダメージを与えてしまいます。

非常に強力な薬剤で、使用後は髪からタンパク質や水分が出て行ってしまい、乾燥してパサパサになりがちです。

また市販だとカラーの調整が難しいため、すぐ黒く染められる反面カラーの黒さが目立ってしまい、黒染めしたことが周りにわかりやすいといったマイナス面もあります。

メリット
  • 安価で種類が豊富
  • すぐに染められる
デメリット
  • 髪や頭皮にダメージがある
  • 準備・片付けが面倒
  • 定期的に実施する必要がある

「美容室で染める」

美容室で染めるメリットは、何よりプロがキレイに染めてくれて自分は何も用意する必要がない点です。

市販よりも髪にダメージの少ない業務用の薬品を使用するのでパサパサしませんし、カラーの調整もできて自然な黒染めが可能です。

一方で1回のコストはかなりかかり、定期的に染める必要があるので費用は高くつきます。

キレイに染まる分、1回の黒染めに半日程かかるので、時間と費用が多く必要になる点がマイナス面になります。

メリット
  • プロが染めるのでキレイに染まる
  • 準備や片付けの手間がない
  • 髪や頭皮へのダメージが少ない
デメリット
  • コストがかかる
  • 定期的に実施する必要がある
  • 美容室に行く十分な時間が必要

内側のケア「白髪対策シャンプー」

白髪対策のシャンプーは白髪染めのように一時的な効果を発揮するものではなく、白髪の原因を根本から取り除くものです。

そのため白髪染めのような強力な薬剤を使うわけではありませんし、手間もかかりませんので継続的に使うことができます。

髪の毛の内側から白髪の原因をケアするので自然な黒髪に仕上げ、髪にも優しく維持がしやすいのが大きな魅力です。

白髪染めのようにその日の内に黒髪になるわけではなく、時間をかけて白髪の原因を取り除いていく必要がありますが、長期的な白髪対策を考えたらコスト的にも仕上がり具合も白髪対策シャンプーを使用することをおすすめします。

メリット

  • 髪や頭皮にダメージを与えない
  • 美容室に行くよりも安価で済む
  • 少しずつ黒くなっていくので周りに気付かれにくい
  • 毎日使用することで黒髪をキープ

デメリット

  • 即日黒髪を手に入れることはできない

白髪対策のシャンプーとトリートメントの違いとは

シャンプー

シャンプーはお風呂で通常のシャンプーの代わりに使用します。

髪を洗うことで白髪染めと同じ意味を持ちますので、特別な作業をしなくても徐々に色がついていくのが特徴です。

特に黒髪スカルプシャンプー「haru」はリンスと分けて使う必要がなく、白髪ケアの他にも抜け毛を抑え、また頭皮をケアしてくれるので1本であらゆる悩みに効果を発揮します。

白髪ケア 抜け毛予防をシャンプーで
トリートメント

シャンプーの後のトリートメント代わりに使い、シャンプーの前に使って一度洗い流し、その後シャンプーを使用します。

シャンプーも白髪対策シャンプーにあったものを選ぶとより高い効果が望めますが、その分コストがかかるのと、2つ使用しなければならないという手間があります。

白髪対策シャンプー
白髪予防シャンプーの成分をもっと詳しく

まとめ

30-40代の女性の大きな悩みである白髪。

この白髪対策には以上のように生活リズムや食生活、ストレスなどの生活習慣の改善から始まります。

予防・改善により白髪は内側から解消でき、年齢に関係なく美しい黒髪をキープすることが可能です。

今まで多くの人が白髪染めを利用して外側のケアに努めていましたが、これからは内側から白髪対策をすることが重要です。

中でも白髪対策のシャンプーは髪染めと比べて安価で継続的に利用できるという点で非常に利便的な上に、

髪の毛の根元など、髪染めではなかなか染めにくい箇所も自然と黒くし、長期的に見たらコストの面でも間違いなくおすすめです。

現在では様々な種類の白髪対策シャンプーが製造されていますが、

リンス・コンディショナーいらずで100%自然由来の白髪対策シャンプー「haru」なら白髪と同時に頭皮や髪の毛のケアまでしてくれます。

白髪対策で迷ったらまずは白髪対策シャンプー「haru」を使ってみましょう。

徐々に白髪が黒髪へと美しく生まれ変わっていく実感をぜひ体験してみてくださいね。

今すぐご注文!初回送料無料でプレゼント付きです♪

白髪対策シャンプーTOP

白髪対策について 白髪対策シャンプー 白髪になるメカニズム