白髪になるメカニズム

白髪になるメカニズムを徹底解説。白髪対策シャンプーがなぜ白髪に効果を発揮するのか?原因を知りましょう。
MENU

白髪になるメカニズムとは

白髪になるメカニズムを詳しく解説!

髪がつくられる元の色は、白だった!

白髪は、黒髪の色素が抜けるものと思っていませんでしたか?
実は、髪が生えてくる前、元々は白い髪の元が作られるのです。その白い髪の中に、色を作るメラニン色素が入ることによって黒い髪が作られるのです。
だから、白髪が生えてくるということは、この「髪を作る元」の時点で、なにかしらのメラニン色素をいれるシステムが動いてないということなんですね。

白い髪にどうやってメラニン色素が入るの?

白髪から黒髪に変化するメカニズム

白い髪にメラニン色素が入ることによって、黒い髪になることはわかりました。
それでは、どうやって黒い髪になるのでしょうか。

メラニン色素が生成されるのは、メラノサイトの作用です。
毛根の奥に存在するメラノサイトは酵素を持つ細胞ですが、そのメラノサイト細胞へ「毛が生えますよ」という情報が伝わると、この命令により活性化するのが「チロシナーゼ」で、メラニンをせっせと生成し始めます。

このチロシナーゼが何かの障害を受け充分に活性化されず、メラニン色素の生成が鈍くなると、毛髪に黒い色をつけることができなくなります。
これが白髪が発生する原因となるのです。

チロシナーゼを抑制させるのが、美白化粧品

チロシナーゼの作用を利用して肌を白くする化粧品

チロシナーゼがメラニン色素を作るということは、その働きを抑制させれば、黒い色は作られにくくなります。
その作用を応用したのが、美白化粧品と呼ばれるものです。
美白化粧品にはチロシナーゼの働きを鈍くする成分が入っており、シミやそばかすを作りにくくしています。

チロシナーゼの元気がなくなる原因

白髪が生えやすくなる原因はシロチナーゼの働きが鈍くなるから

チロシナーゼの元気がなくなる原因、つまり白髪が生えやすくなる原因の一番は加齢によるものです。
何百万と生えている髪の毛根に栄養を、送りきれなくなるのです。

また、ストレスや疲れ、体力の減少、栄養分の吸収の減少など、さまざまな理由が挙げられます。
外部から出来ることとしては、「これ以上弱くなる原因を与えない」のが一番です。

毛根が元気でいるためには、

  • 頭皮に化学物質を使わない
  • 汚れや余計な油分は毎日キレイに落とす
  • 刺激を与えすぎない
  • 熱いお湯で頭を洗わない
  • 栄養バランスを考えた食事を摂る

そんな悩みを解決するのが「haru黒髪スカルプ・プロシャンプー」、天然由来のノンシリコンシャンプーなので頭皮に必要な油分を適度に残し、綺麗に汚れだけを優しく洗い落としてくれます。
頭皮にあまり良くないリンスも使わなくて良いので、毛根が元気になりますよ。

今すぐご注文!初回送料無料でプレゼント付きです♪

このページの先頭へ